秀碩の工房生涯最後の大作/秀碩WEB記念館

二人展のための新作

■現役の気魄

秀碩と岩本 博幸さんの「印章作品二人展」、その事実上のプロデュースを仰せつかる際、二人に1点だけ、お願いを申し上げました。

「今回の二人展のために、何かしら”新作”を用意してください」

私としてはこの展覧会を単なる回顧展で終わらせたくはありませんでした。
今なお元気で活躍中の「現役」として今回の展覧会に臨む、という二人の「気魄」を、明確に提示したかったのです。
もっとも、いきなりそう言われた二人とも、ゲッとのけぞるほどに驚いていましたが(笑)。

■メインビジュアル

秀碩には、今回の二人展のメインビジュアルとなるハンコの彫刻を依頼しました。
サイズはさすがに日本将棋連盟様の9センチ角には及ばないものの、それでも6センチ角の堂々たるサイズです。

そこに彫刻する文字は「秀碩 博幸 二人展」。

ただし、秀碩の体力面を考慮して、中央に大きく入れる「二人展」は、朱文(文字以外の余白を彫る)ではなく、白文(文字を彫る)としました。
余白より文字を彫るほうが作業面積も少なく済み、その分だけ負担も少なくなります。
また、デザイン的にも中央の「二人展」が白く浮き上がることで、かなりのインパクト与えるだろうと考えました。

■真夏の製作作業

彫刻作業、ならびにそのビデオ撮影は平成24年(2012)の盛夏、お盆期間に行われました。
あの夏は連日うだるような暑さだったことを覚えています。
そんな中、店を閉め切り、店内の明かりもすべて消し、秀碩は手元の蛍光灯だけを頼りに、ただひたすら黙々と彫り進めました。
その模様は↓こちらでご覧いただけます。

心なしか、秀碩の表情からは、いつも以上に鬼気迫るものを感じさせます。
…ひょっとすると、この時点で本人は自らの運命を悟っていたのかもしれません。

■まあこんなものだろう

そうして出来上がった完成品の印影が↓こちら。

「秀碩 博幸 二人展」完成印影

秀碩曰く、

「今のオレの腕なら、まあこんなものだろう」

そう本人は謙遜しますが、荒々しい中にも精緻な仕事ぶりが窺える彫り跡に、一人の職人の最晩年の矜持と覚悟が見て取れるかのようです。

ともあれ、暑い中お疲れさまでした。

秀碩刻「秀碩 博幸 二人展」印面

■奥沢と目黒の工房での秀碩を見る>>